お客様より「バイクのヘルメットの臭いを何とかしたい」というお問い合わせを沢山頂きます。

  • 市販の消臭スプレーだと、すぐに効果がなくなる
  • 香水のニオイが苦手
  • 消臭剤の臭いと汗の臭いが混じって気持ち悪い
  • 化学物質のニオイでくしゃみがでる

市販の消臭スプレーでは、満足する消臭効果が得られないということです。

ヘルメットがにおう理由

ヘルメットがにおう理由ですが、汗や皮脂、フルフェイスなら唾液などがヘルメットに染みついて、そこに雑菌が繁殖することでイヤなニオイになります。

湿っていたり、高温多湿な状態になると雑菌が繁殖しやすいので、寒い季節でもヘルメットを被って汗をかいてくると急にイヤなニオイが復活してきたりする場合もあります。

ヘルメットの一般的なお手入れ方法

多くの方が、市販の消臭剤をスプレーされているようですが、正直あまりおすすめはできません。

というのは、市販の消臭剤は、芳香成分(香水)とエタノールでできており、悪臭を芳香成分で包みこむことで消臭しています。ですから根本的な消臭にはなっておらず、効果が薄れてくるとニオイが復活し香水と混じって気持ち悪いニオイになります。

エタノールは、除菌効果がありますが、揮発すると効果がなくなるため一時的なものですし、繊維を傷める可能性がありあまりおすすめできません。

ヘルメットを効果的に消臭する方法

ヘルメットを効果的に消臭するためには、ニオイの原因を除去することと、雑菌の繁殖を抑えることがポイントです。

ヘルメットに付着している汚れをできるだけ除去するために丸洗いをします。丸洗いは、ぬるま湯に石鹸を溶かしたものに浸けてもみ洗いし、よく濯ぎます。

内張りが外せる場合は、内張りをぬるま湯に石鹸を溶かしたものに浸けてもみ洗いしよく濯ぎます。そして、ヘルメットの内側もきれいに汚れを拭きとります。

まだしっとりしている状態でNRCプレミアム ベーシックをヘルメットの内張り部分にたっぷりとスプレーし染み込ませます。

そのまま陰干しをし、乾いたらヘルメットの消臭・抗菌が完了します。

新しいヘルメットの場合

汚れや雑菌がついていない新しいヘルメットは、内張りにNRCプレミアム ベーシックをたっぷりとスプレーしそのまま乾かすことで、雑菌が繁殖できない状態になり、長期間に渡りイヤなニオイを防ぎます。

効果はどれぐらい持続するのか?

NRCスプレーは、市販の消臭剤とは違い触媒の作用で消臭するため効果が長期間持続します。

ヘルメットの場合は使用頻度によりますが、3ヶ月~1年程度効果が持続します。効果が薄れてきたと感じたら再度スプレーすると消臭・抗菌効果が復活してきます。

NRCスプレーは、さまざまな安全性のテストを行っており、人体や動物にも安全ですので、直接肌に触れる部分にも安心してお使いいただくことができます。

ここに定型文を入れる