お客様から「仕事で安全靴を履いていて、最初の2~3日はいいのですが、すぐに靴と足が臭くなってしまいます」というご相談がありました。

私も以前に、工場で安全靴を履いていたことがあり、その気持ちよくわかります。

私安全靴は、底や足先の部分に鋼板や硬質樹脂が入っており、重量物の落下から足を守る構造になっていますが、安価なものは、通気性が悪くすぐに蒸れる構造になっています。

安全靴の一般的な消臭方法

安全靴のニオイの原因は、足から出る汗や皮脂に靴の中が蒸れて雑菌が繁殖することです。

ですから、1日履いた靴は、靴の中の汗の汚れなどを拭きとり、アルコールで除菌してから、風通しのよいところで陰干して休ませ、3足ぐらいをローテーションして履くことが一番です。

効果的な安全靴の消臭方法

まず、安全靴の中をぬるま湯に浸し固く絞ったマイクロファイバーのタオルで丁寧に拭きます。(2~3回ぐらい繰り返す)

次に、NRCプレミアム ベーシックを靴の中に満遍なく吹いて乾かします。

乾けば消臭効果が出だしますので、あとは普通に履いて、通気性のよい所で乾燥するようにすれば、お手入れも完了です。

一番効果的なのは、安全靴が新しい状態で、NRCプレミアムスプレーし(3回ぐらい)コーティングしてしまえば、靴自体が臭くなりにくく手入れもとても楽です。

靴の消臭にお使いいただいたお客様の声

子供の靴のニオイ

お客様1

息子の運動靴は、ものすごいニオイで洗っても臭いは消えず(アンモニア臭)、市販のスプレーを使ってもダメでした。

この商品に出会い、使用したところ、アンモニア臭は消え、大変嬉しく思っています。

(静岡県・井上 正一様)

ここに定型文を入れる