lgf01a201401040700

お客様から、「ウェットスーツの臭いを消したい」という相談をよく受けます。

ダイビングの時に着るウエットスーツですが、ネオプレンというゴムで出来ているので、独特のニオイがします。ある程度は仕方ないのですが、ニオイを薄くすることは出来ます。

その他、ウェットスーツを使っているうちに汗くさくなって、独特のニオイがするのを消臭したいというご相談もよくあります。

ウェットスーツ素材のニオイと汗のニオイ

ネオプレンという素材は、ゴムが気泡状になっているもので、もちろん素材自体のニオイも揮発しています。これは、化学物質が揮発しているニオイなので、時間が経過して完全に抜けきるか、それとも揮発する化学物質自体を分解しないと消えません。

こちらは、ネオプレンという素材の性質上、汗や皮脂、汚れなどを吸込みますが、そこに雑菌が繁殖することで独特のイヤなニオイになります。

ネオプレーンのニオイを効果的に消す方法

新しいウェットスーツで、ネオプレン自体のニオイを消したい場合は、NRCプレミアム オールマイティをウェットスーツの内側と外側にスプレーし、そのまま乾かします。

これだけで、NRCスプレーがゴムの素材から揮発する化学物質を分解し、ニオイを緩和します。この効果は、海に入ったり、洗剤で洗ったりしても数ヶ月は変化しません。
消臭の度合いは、スプレーの量に比例しますので、効果が弱いと感じたら多めにスプレーします。

ウェットスーツの独特のニオイを消す方法

すでに使用しているウェットスーツで、汗や海の匂い、ウエットスーツの素材独特のニオイを消臭したい場合は、まずはきれいに洗います。
真水にウェットスーツ専用洗剤を溶かしてつけ置き洗いをします。

ウェットスーツの中に染み込んでいる、汗や皮脂などの汚れは、手が凍えるほどの冷水では落ちにくいので冬場は人肌より低い温度のぬるま湯で洗いよくすすぎ脱水します。専用

そして、まだ湿っている状態の時にNRCプレミアム オールマイティを満遍なくスプレーし、ウェットスーツの内側と外側に染み込ませます。

そのまま乾かせば消臭・抗菌加工の完成です。

NRCスプレーの効果はどれくらい持続するのか?

ウェットスーツを消臭・抗菌加工した場合、使用頻度にもよりますが、3ヶ月から1年ぐらいは効果が持続します。これは、触媒の酸化還元反応で消臭するため、いくら消臭してもナノダイヤ自体はなくならないからです。

海に入った後、真水で洗ってもナノダイヤは取れませんので、一度海に入ったら効果がなくなるということはありません。

NRCスプレーは、さまざまな安全性のテストを行っており、人体に無害ですので、直接肌に触れる部分にも安心してお使いいただけます。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店