ニオイがつきやすい革シート

車のレザーシートは、見た目も肌触りも高級感があってよいのですが、手入れが大変です。

特に夏場は、背中やお尻、太ももにどうしても汗をかくので、シートに汗が染み込みます。

モケットのシートなら洗えばよいのですが、レザーシートの丸洗いは難しいですね。

レザーシートがにおう理由

車のドアを開けると漂う、ムッとしたイヤなニオイ。それはシートに染み込んだ汗が原因です。

レザーシートは、いったん汗が染み込むと表面を拭いただけでは、ニオイがとれなくなります。

それは、革の繊維の奥に残った汗に、雑菌が繁殖してイヤなニオイが発生させているからです。

消臭剤や革クリーナーでニオイが消えないのはなぜか?

車用の消臭剤やファブ●ーズを使っても、なかなかニオイが消えないのは、ニオイの原因物質を除去できていないからです。

多くの消臭剤は、嫌な匂いを芳香成分で包み込んで隠すマスキングという消臭方法を採用しています。
これは、一時的にはニオイがしなくなるのですが、芳香成分が揮発してしまうと効果がなくなります。

また、消臭成分の粒子が大きいものだと、革の繊維の奥にのこった汗にまで消臭成分を届けることはできません。

革クリーナーの場合は、表面の汚れを落とすことはできるのですが、染み込んだ汗までは拭き取れないので、消臭効果はありません。

業者にシートクリーニングを頼むコストはいくら?

プロの清掃業者に車のシートクリーニングを依頼すると、1脚あたり1万〜5万という代金がかかります。

洗剤の代金だけでなく、シートを取り外す手間と人件費がかかるためどうしても高額になってしまいます。

汚れに効果があるという高温スチームなどプロならではの方法を選択できるところもありますが、革シートに高温はご法度なのでこの場合は使用できませんね。

また、ニオイの強さや付着状況などはそれぞれ違うので当たり前なのですが、いくら払おうがどこの業者さんでも完全にニオイが取れる保障はしてくれないものです。

レザーシートのニオイを自分で消す効果的な方法

レザーシートのニオイを消すには、ニオイの原因物質を除去することが肝心です。

ニオイの原因物質とはシートの奥に染みついた汗と雑菌です。

とくに、嫌な臭いを発生させているのは雑菌なので、雑菌の繁殖を抑えることがとても重要です。

洗ったり、拭いたりしても繊維の奥にまで入り込んだ汗を完全に除去するのは不可能なので、ニオイの原因である汗を分解し、雑菌の繁殖を抑える消臭・抗菌スプレーを使う方法をご紹介します。

1.表面をきれいに掃除する

革シートの表面についた汚れをきれいに取り除きます。
マイクロファイバーなどでぬるま湯をつかって拭き掃除すると、細かい汚れもとれるのでおすすめです。

汗は、シートベルトにも必ずついていますので、シートベルトも忘れずに拭き掃除します。

洗剤は使わないようにしましょう。
革にダメージをあたえる可能性があるのと、洗剤がシートに残ってしまうとそれがニオイの原因になるからです。

体温に近いぬるま湯を使うことで、革シートの表面についた汗や皮脂はおおかた除去することができますので、2〜3回拭き掃除を繰り返せばきれいになります。

2.消臭剤でニオイを分解する

汗のニオイを分解でき、繊維の奥まで消臭成分を届けられる消臭剤を使用します。

スプレータイプ、燻煙タイプなど、いろいろ販売されていますが、肌に直接触れるシートですから、安全性にも配慮した消臭剤を選びましょう。

3.ニオイを予防する

ニオイが消えたら、革専用のクリームを塗っておきましょう。

革はお肌同様、適度な油分が必要です。
油分が足りないと、変なテカリがでたり、シワができたり、ひどい場合には固くなって破れる原因になります。

いつまでも美しく保つために、定期的に革製品専用のクリームを使いましょう。

さらに、抗菌効果のあるスプレーをかけておけば、ニオイがつきにくくなるので便利ですね。

お気に入りのレザーシート、ひと手間かけてグッと快適に過ごしましょう。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店