すこし肌寒くなりはじめて、多いのが、車に灯油をこぼしてしまったというご相談です。

最近では、セルフのスタンドに買いに行かれる方が多いようですが、不注意で車内にこぼすことも多々あるようです。

灯油をこぼしたところを、タオルで拭いたり、洗剤をつけて洗ったりされたりするようですが、どうしてもにおいが取れないというご相談圧倒的に多いものです。

灯油のニオイはなぜとれにくいのか?

灯油は揮発性が低く、そのままにしておくとずっと残っていますので、そのままでは完全には除去できません。

また、洗剤をつけて洗浄しても、完全に灯油を取ることは、かなり難しいと言えます。

車のカーペットが取り外せる(剥がせる)場合

カーペットを洗剤を使って洗浄します。この場合、洗剤が残らないように丁寧にすすぐことが重要です。

次に、車の下地(金属部分)に残っている灯油を拭きとります。拭きとるのは、マイクロファイバーのクロス(タオル)をぬるま湯に浸し固く絞ったもので何度も拭くと効果的です。

車のカーペットが剥がせない場合や、シートに灯油をこぼした場合

この場合は、マイクロファイバーのクロスをぬるま湯に浸して固く絞ったもので何度も拭く。

この下処理で出来るかぎり、こぼした灯油を除去するとこができたら、下処理は完成です。

NRCスプレーで消臭をする

さきほど灯油を除去した個所にNRCスプレーを噴霧します。
目安は、1㎡あたり30ccですが、ニオイの具合によって量を増やすとより効果的です。

NRCスプレーは、乾いてから効果が出ますので、お急ぎや気温が低い時は、スプレーした部分をドライヤーで乾かして頂いたいてもよいと思います。

乾いてから、1日~2日経って灯油のにおいが、最初よりも薄くなっているか確認してください。少しでも薄くなっていれば、時間の経過とともに臭いは薄れ、最終的に消えます。

この場合、再度NRCスプレーを噴霧することで、早くニオイを消すことができます。

ニオイが全く薄くならない場合

もし、まったくニオイが薄くなっていない場合は、下処理が上手く出来ていないか、他のところに灯油が残っている可能性があります。もう一度、下処理をやってみてください。

車にこぼした灯油の消臭にお使いいただいたお客様の声

車の中に灯油をこぼしてしまい、ニオイが取れなかった

お客様1

布に染み込んだ灯油を除去してから、NRCスプレーをたっぷり使用するとニオイはきれいに取れました。

(神奈川県・野村 正直 様)

NRCプレミアム ベーシック

  1. a300

    消臭能力 5.0
    持続性 4.0
    吸水面 5.0
    撥水面 3.5
    価格:
    8,800円(税込)
    容量:
    100ml
    消臭効果:嫌な臭いを分解し臭わなくします。
    抗菌効果:雑菌や大腸菌、O-157などの菌の繁殖を抑制します。
    抗カビ効果:カビを増殖させません。

    スプレーするだけで、消臭・抗菌加工ができます。

    使い方は簡単! スプレーしてそのまま乾かすだけで、消臭・抗菌コーティングが完成します。

    変色、変質の心配がなくあらゆる素材に(革製品にも)ご使用いただけます。

    消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
    NRCスプレー専門店