車内というのはある種のプライベート空間ですので、おやつを食べたり、食事をしたりすることもあるでしょう。
ただ、そこで気になってしまうのが食べ物のにおいです。
車に乗るたびに食べ物のにおいがすると、やはりそれだけでテンションが下がってしまうものです。
だからこそ、車内に食べ物のにおいがついたなと感じたときには臭い消しをおこなっていきましょう。

車内についた食べ物のにおいが車内でひどくなる原因

車内に飲食物をこぼしたり、ついついその飲食物を置き忘れて腐敗させてしまったりすることは誰にでもあるかと思います。
しかしながら、これが車内についた食べ物のにおいの原因です。

しかも、車内というのはご存知のように狭い空間です。
そのため、こういったにおいもこもりやすいですし、蒸れやすいのです。

特に、置き忘れて腐敗させてしまった飲食物がある状態で車内が蒸れると悲惨なことになってしまいます。
においがどんどんひどくなるのもある意味では当たり前と言えるでしょう。

市販の消臭剤で車内についた食べ物のにおいが消えない理由

車内についた食べ物のにおいをどうにかするために、ファブリーズなどの市販の消臭剤を試してみたという方も多いかと思います。

ただ、市販の消臭剤は香料でにおいのもとを包み込むマスキングという方法を採用しています。
そのため、一時的にそのにおいを隠すだけで根本的な解決にはなりません。
時間が経過すれば揮発し、その効果も薄れてしまいます。

香りのついている消臭剤であれば、その香りと食べ物のにおいが混ざり合って臭い消しどころではなく、さらにひどい状態になってしまうこともあります。

車内についた食べ物のにおいを消すためには?

車内についた食べ物の臭い消しをするためには、まず洗えるものを綺麗に洗いましょう。
洗えない部分にまで食べ物のにおいがしみついているようであれば、マイクロファイバーで拭き取りをおこないます。
そして、その上でNRCスプレーをかけましょう。

あとは、乾かすだけでOKです。
窓を少し開けておいたほうが通気がよくなりNRCスプレーの乾きが早くなります。

今回、車内についた食べ物のにおいを消すために使ったNRCスプレーはナノダイヤと超純水でできており、ナノダイヤがにおいのもとを分解し、消臭してくれます。
そのため、におい戻りがありません。

一度ナノダイヤが付着すれば、とれてしまうまで消臭効果が続きます。
使用状況にもよりますがだいたい3か月から6か月くらい続きますので、毎日スプレーする必要はありません。

スプレーして乾くとナノダイヤがにおいのもとを分解消臭しはじめ、2日から3日ほどでにおいが弱くなり、1週間ほどでほとんど臭わなくなります。
この時点でにおいが消えていない場合は、さらにスプレーしてナノダイヤを足すと消臭力が増します。

NRCスプレーの液体は透明でにおいもありませんし、乾いて白くなることもありません。
さまざまな試験機関で安全性と高い消臭・抗菌・抗カビ・抗ウイルス効果が証明されていますので、安心してお使いいただけます。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店