beauty-2843930_1280

車についたタバコのニオイ。

なかなかとれなくて困りますよね。

実は私、以前にタバコを吸っていたことがあり、かなりのヘビースモーカーだったので、車の中はタバコのニオイが染み付いていました。

特に気になるのが、ドアを開けて車に乗り込む時で、たばこのヤニ臭いのとイガイガした感じがとても嫌でした。

禁煙を機に、たばこのニオイを完全に消したいと思い、ありとあらゆる商品や方法を試しすぎて「消臭オタク」になってしまった私が、最終的にタバコの臭いを消すのに効果があった、ごまかしのない消臭方法をご紹介します。

タバコのニオイの原因

消臭の第一歩。
まずは、敵を知る

たばこ臭い車内を、タオルで水拭きすると、黒っぽいヤニの汚れが取れます。これが臭いの原因です。
たばこの煙に含まれる数千種類ともいわれる化学物質のカタマリです。

タバコの煙は車内の隅々にまでひろがって、天井や窓ガラス、シート、フロアーマット、エアコンのフィルターやダクトなどに染みついています。

ちまたに出回る消臭方法が効かない理由

たばこのニオイは、水溶性の物質が多いので、洗ったり水拭きすればだいたいはとれますが、手の届かない場所や繊維に入り込んでいるものがどうしても拭き取りきれず、そこから臭いが漂います。

よくCMで見る市販の消臭スプレーは、しばらくするとニオイが復活してきます。

それはなぜかというと、一時的な効果しかない消臭方法を採用しているからです。

多くの消臭スプレーは、マスキングという方法で消臭しています。
マスキングとは「包みこむ」という意味で、つまりニオイを芳香成分で包み込んでかくすというやり方なのです。

なので、時間が経って芳香成分が揮発してしまうと、マスキング効果が消えて、ニオイが戻ってきてしまうのです。

また、タバコのにおいは化学物質のニオイともいえますが、化学物質のにおいが消せる消臭剤というのは数が少なく、また生産コストが高いため、安価な消臭剤ではあまり効果が期待できないようです。

タバコのニオイとヤニの除去方法

そんな、車内に染みついたタバコの臭いを除去する方法ですが、実はそんなに難しいものではありませんでした。

まずは車内を、ぬるま湯に浸し固く絞ったマイクロファイバーのタオルでヤニ(タール)を色が出なくなるまできれいに拭きとります。できれば、3回ぐらい行うとより効果的で、シートや天井、フロアーなども丁寧に拭きます。

次にエアコンのフィルターを交換します。本当はダクトの中も掃除したいのですが、構造上不可能なので、ダクトの中は後ほど消臭・抗菌加工します。

そして、タバコの臭いを分解できる消臭剤を車内の繊維部分(天井・床・シート)に満遍なくスプレーしそのまま乾燥させます。

エアコンの吹き出し口からダクトの中にもスプレーします。乾けば車内の消臭・抗菌が完了です。

今回使用した消臭スプレーは、下記の参考サイトにのっているものですが、1週間ほどでニオイが薄くなり、2週間後には知人が乗っても「ニオイがしない!」とびっくりしていたので、消臭成功といえるでしょう。

【参考】中古車のタバコの臭いを消したい場合の消臭方法

タバコのニオイを予防する

ニオイをつけないために、車でタバコを吸わないようにする、のは当然なのですが、お客様をのせたりして仕方のない時ってありますよね。

そんなときには、タバコのニオイが車内にこもらないように注意しましょう。最低限、次の2つのことを徹底すれば、ニオイがつくのを最小限にとどめることができます。

・ 吸うときは、窓を全開にする

・ 吸い殻を車内に残さず、すぐに捨てる(捨てられない時は袋などに入れて密閉する)

乗ったあとに、換気をすればなおいいですね。とにかく「ニオイを残さない」ことを徹底しましょう。

他にも、あらかじめ防臭加工しておくという方法も効果的です。

防臭剤としてはいろいろな商品がでているようですが、消臭スプレーで効果が長続きするものだと、防臭効果もあるものが多く、消臭・防臭が一回の手間で済むので楽です。

また、車という密室で使うものですので、安全性にも注意して選びたいものですね。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店