野球のグローブグラブ

お客様からの電話で、「野球のグラブのニオイがひどく困っています。何かいい方法はないですか?」というお問い合わせをよく頂戴します。

新品のうちはよいのですが、しばらく使って手に馴染んでくる頃には、ニオイが気になり、市販のグラブ用消臭剤も試してみるのですが、あまり効果がないそうです。

野球のグラブがにおう原因

グラブの中は、常に高温多湿な状態で、そこに手から出る汗や皮脂、土などが混ざったところに雑菌が繁殖することがニオイの原因です。

雑菌の繁殖を抑えるには、乾燥させることが必要ですが、毎日グラブを使っている場合は常に湿った状態になるので菌の繁殖がおさまらず、その状態で使うのでより雑菌が繁殖するわけです。

また、グラブの革の繊維の奥にまで染み込んだ汗に消臭剤が届いていないため、そこに雑菌が繁殖し、ニオイが消えないのです。

グラブに市販の消臭剤が効かない理由

よくグラブを消臭するために、ファ●リーズなどの市販の消臭剤を使い天日干しをされる方がいらっしゃいますが、すぐにニオイが戻ってきてしまいます。

市販の消臭剤の多くは、芳香成分(香水)で悪臭を包み込んで消臭するため、根本的に消臭をしているのではありません。ですから、時間が経つにつれて芳香成分が弱くなってくると元のイヤなニオイが復活してくるのです。

除菌の目的で配合されているエタノール(アルコール)は、除菌には有効ですが、揮発すると効果がなくなるためこちらも一時的な効果しかありません。

グラブのニオイを効果的に消す方法

おすすめしている消臭方法は、まずグラブの中の汚れをできるだけ除去することです。デリケートな革ですから、洗剤やアルコールは使いません。

一番良いのは、薄手のマイクロファイバーのクロスを、ぬるま湯に浸し固く絞ってグラブの中を拭きます。これを3回ぐらい繰り返すと表面に付着している、汗や皮脂の汚を取ることが出来ます。(もし、指のところにクロスが入らない場合は、綿の手袋をぬるま湯に浸し固く絞ってグラブの中を拭きます。同様に3回ぐらい繰り返します)

グラブの中がしっとりした状態でNRCプレミアム ベーシックをスプレーし、そのまま乾かします。乾けば消臭・抗菌加工が完了し、時間の経過とともにニオイが消えていきます。(乾いてから1~2日ぐらい時間がかかります)

ナノダイヤはなぜグラブのニオイを消すことができるのか?

NRCプレミアム ベーシックの消臭成分はナノダイヤで、触媒の酸化還元反応でニオイの原因を分解するとともに、雑菌の繁殖を抑えます。

ナノダイヤは目に見えないほど小さなダイヤモンドなので、繊維の奥の汗や雑菌にまでたどり着くことができます。

そしてそこにとどまって、イヤな臭いを消臭分解します。
ナノダイヤはいくら消臭しても変化しないので、長期間に渡り消臭することができるのです。

NRCスプレーの使用のしくみついて詳しくはこちら

グラブを爽やかな状態で長持ちさせるには?

ナノダイヤは、そこにある限り消臭・抗菌をし続けます。

ですが、グラブを使っているうちに少しずつ落ちていき、雑菌の勢いが優勢になると効果が弱まってきます。
なので、効果が弱くなってきたと感じたら、グラブの内側の汚れを拭きとってから、再度スプレーしてください。効果が蘇ってきます。

また、臭いが消えたら、その時にはぜひ革専用クリームを塗って革に適度な油分を与えてあげてください。
お肌と同じで、適度な油分が革を保護してくれるので、ヒビ、乾燥を防ぎグラブを長持ちさせることができます。

NRCプレミアム ベーシックは、さまざまな安全性のテストを行っており、人体にも無害ですので安心してご使用いただけます。 また、主成分は精製水とナノダイヤなのでデリケートな革を傷めることもありません。大切な道具であるグラブのお手入れに、ぜひお試しください。

NRCスプレーの消臭実験と安全性の試験結果についてはこちら

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店