足のニオイ

ゴム長靴の効果的な消臭方法

よくお客様から「仕事で長靴を履いていて、とてもくさいのですが、よい方法はありませんか?」というご相談をよく受けます。

調理場や食品関係、市場、漁業、農業の方で、一日中長靴を履いていると、脱いだ時のひどいニオイを何とかしたいという方がほとんどです。

長靴がくさくなる本当の理由

長靴がくさくなるのは、他の靴よりも通気性や吸湿性が悪いからです。しかし、これは長靴の構造上、仕方ありません。

長靴は、ほとんどがゴムで、内側に布が貼りつけてあり、まったく通気性がないので完全に蒸れる構造になっています。

長靴のニオイの原因は、足の裏から出る汗や皮脂に雑菌が繁殖することです。

特に長靴の中は、ずっと高温多湿な状態になり、雑菌が好む環境で汗や皮脂などの栄養分が豊富にあるため、他の靴よりもずっとヘビーなニオイになるわけです。

長靴は水虫になりやすい

長靴を履いていることで水虫になるわけではありませんが、高温多湿な菌が好む環境になるので、何かの拍子に白癬菌がついてしまうと一気に水虫になる可能性が高いと言えます。

すでに水虫の方は、長靴をずっと履いているとかなり治りにくく、水虫と共生している方も多いようです。

一般的な長靴の消臭方法

長靴を消臭するための一番のポイントは、ニオイの原因を除去し雑菌の繁殖を抑制することです。

そのために、履き終わった後、長靴を干して乾燥させること、アルコールなどで長靴の中を除菌するとよいと言われています。

また長靴は乾きにくいので、最低2足できれば3足ぐらいをローテーションして乾燥させるとよいと言われています。

しかし、実際にそれを仕事が終わってから行うのは大変面倒ですし、梅雨時では、なかなか乾かず大変だそうです。

長靴を効果的に除菌消臭する方法

長期間にわたり、ほとんど手間なしで消臭する方法は、長靴を消臭抗菌加工してしまうことです。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、とっても簡単な方法です。

すでに使用していてニオイがひどい長靴であれば、まず汚れをできるだけ除去します。具体的には、長靴をぬるま湯に浸し石鹸を使いブラシでゴシゴシと靴の中を丁寧にあらい、よく濯ぎます。

水分をよく切り、水滴が垂れたりしないぐらいまで乾かし(しっとりした状態)、そこにNRCスプレーをたっぷりとスプレーし、そのまま乾かします。

乾けば、消臭・抗菌加工が完了し雑菌が繁殖できない状態になります。

消臭・抗菌効果はどれぐらい持続するのか?

NRCスプレーは、市販の消臭剤とは違い、ナノダイヤの触媒作用で消臭・抗菌をするため、効果が長期間持続します。

効果は、使用頻度によりますが、目安として1ヶ月~6ヶ月ぐらいです。これは触媒が、いくら消臭や抗菌をしても自らは変化しないためです。

できれば、2~3足でローテーションするほうが、長靴も消臭効果も長持ちします。

また、NRCスプレーは、さまざまな安全性のテストを行っており、人体にも動物にも全く無害ですので、食品をあつかう方にも安心してご使用いただくことができます。

靴の消臭にお使いいただいたお客様の声

子供の靴のニオイ

お客様1

息子の運動靴は、ものすごいニオイで洗っても臭いは消えず(アンモニア臭)、市販のスプレーを使ってもダメでした。

この商品に出会い、使用したところ、アンモニア臭は消え、大変嬉しく思っています。

(静岡県・井上 正一様)

NRCスプレー これで安心 靴を脱ぐのが怖くない!

k350

価格:2,980円(税込)
容量:100ml

布製、革製、ゴム製などあらゆる素材の靴に使用可能。これ1本で全ての靴の消臭に対応できます。

使い方はカンタン!靴にスプレーし、乾かすだけで消臭・抗菌・抗カビ加工ができ、清潔に保つことができます。