車の消臭

車に染みついて取れない魚のニオイを消臭する方法

「車に魚のニオイが染みついて取れない」というお悩みは、多くの方が経験されているものです。

車に魚のニオイが染み付く原因ですが、

  • 魚のニオイがついた服(ウェア)や靴などを車に載せた
  • 魚のニオイがついた発泡スチロールやクーラーボックスを載せた
  • 魚のヌルヌルや血がついた釣具や網などを車に載せた
  • 衣服や靴に魚のヌメリがついた状態で車に乗っている

手についた魚のニオイは、洗剤で洗えば良いのですが、車に染みついた臭いとなると、拭いても洗ってもニオイは完全には取れず本当に大変です。

魚のニオイが車内でひどくなる原因

魚のニオイは、最初っからするわけではなく、魚のヌメリや血は新しいうちは、そこまでひどいニオイになりませんが、時間が経つほどにイヤなニオイになります。

これは、タンパク質に雑菌が繁殖することで発生する臭いで、いわゆる腐敗臭です。

車の中が高温になると、腐敗がどんどんすすみ、ニオイの成分も溶けだして染み込み、また空気中にただようニオイは逃げ場のない密室で車内に染み付いていきます。
そして、車内全体がとんでもなく嫌なニオイになってしまうのです。

市販の消臭剤では、なぜ魚のニオイは消えないのか?

市販されている消臭剤では、魚のニオイはなかなか消すことができません。というのも、魚のニオイを消すためには、ニオイの原因をすっきりと除去する必要があるからです。

一般的的に、よく使われている、ファ●リーズやリ●ッシュなどは、芳香成分(香料)で悪臭を包みこむマスキングという手法で消臭します。ですので、香料が弱くなってくると、包みがはがれてイヤなニオイが復活するわけです。

除菌成分としてエタノールが入っており、一時的な殺菌に効果はありますが、揮発すると効果がなくなるのでその時だけの除菌となります。

このように、市販の消臭剤では、根本的なニオイの原因を除去しないので、魚のニオイが消えないわけです。また、芳香成分と魚のニオイが混じるとかなりキツいものがあります。

車に染みついた魚のニオイを消す効果的な方法

まず、車内を洗浄し、ニオイの原因を出来る限り取り除きます。

方法としては、外して丸洗い出来るものは洗い、できないものは、ぬるま湯に浸して固く絞ったマイクロファイバーのクロスで拭きます。(できれば3回ぐらい拭くのが望ましいです)

次に、ニオイのもとを分解消臭する「NRCプレミアム ベーシック」をスプレーし(1㎡あたり20cc~50ccが目安)、そのまま拭き取らずに乾かします。

なぜ魚の臭いが消えるのか?

NRCプレミアム ベーシックの主成分は、ナノダイヤと超純水です。

ナノダイヤは、目に見えないほど小さなダイヤモンドで、臭いのもとを分解して臭いを消し去ります。

NRCスプレーの使用のしくみついて詳しくはこちら

魚のニオイが消えないのは、繊維の奥にまでしみこんだ雑菌を除去しきれていないからです。
ですが、小さなナノダイヤであれば、繊維のすきまから入り込んで、魚のニオイのもとを分解して消臭することができます。

NRCプレミアム ベーシックは、ナノダイヤがニオイの原因を分解し、雑菌の繁殖を抑えますので、一度消えたニオイが復活してくることありません。

触媒の作用で消臭・抗菌し、さらにいくら消臭しても、ナノダイヤは変化しませんから、効果が長期間持続します。

どんな方法を試しても、魚のニオイが消えなくてお困りの方は、ぜひNRCプレミアム ベーシックで根本解決をめざしてみてください。

車内に染みついた魚の消臭に使われた方の声

トランクルームに生イカを積んだら・・・

お客様1

乗用車のトランクルームに生イカを積んだら、氷が溶けてフロアーにこぼれてしまい、その後、強烈な悪臭が発生しました。

最初はアルコールや市販の消臭剤を使い清掃しましたが、全くニオイが取れず困っていました。

インターネットで「魚の臭い消し」というキーワードで調べ、商品を知り購入しました。

実際にスプレーしてみると、1日でかなり臭わなくなり、その後は、日ごとにニオイが薄れ一ヶ月後には、全く問題なくなりました。

塩素系の液も使いましたが効果はなく、この商品には大変助けてもらい嬉しい限りです。

(愛媛県・石田 憲一様)

NRCプレミアム ベーシックの使い方

釣りビジョンの人気番組・ギアステーションで消臭実験をしました。

詳しい使い方は、動画をご覧ください。