足裏が臭い…女性にとっては切実な悩みです。

仕事帰りに誘われた食事、お座敷がある店には行けないので、二つ返事できないという方もいるでしょう。

足裏が臭い女性にとって、長時間履いた靴を脱ぐのはもはや恐怖でしかありません。

忘年会シーズン・恋人とのデートや旅行・友人宅での女子会、ためらって当然です。

足裏が臭い女性の悩みとは裏腹に、足裏の臭いが『スメルハラスメント』になるとご存知ですか?

足裏の臭いが引き起こす『スメルハラスメント』、臭いについての本能などについてお話していきたいと思います。

足裏の臭いが引き起こすスメルハラスメント

何かと『ハラスメント』と揶揄される昨今。

セクハラ・パワハラ・モラハラなどと同様、社会問題にまで悪化しているスメルハラスメント。

スメハラは、臭いで不快な思いをさせる行為です。

キツい柔軟剤の『香害』はもちろん、タバコの臭い、香水・体臭・口臭・足裏の臭いも同様。

臭いの感じ方は、十人十色です。香りについては、何を持って嫌な臭いとするのか、全く賛否が分かれるでしょう。

しかし、足裏の汗の臭いだけは違います。

臭いフェチなる「足裏の臭いがたまらなく好き」という場合を除き、誰もが不快になるでしょう。

まさに、スメルハラスメントです。

足裏の臭いが強烈だと、カーペットに触れただけでも臭いはうつります。友人が帰宅した後、座っていた場所が「臭い!」実際にある話です。

しかし、意図してハラスメント行為を行なっているわけではないのですから、どうしようもありませんね。

不快な足裏の臭いは危機を感じる本能由来

臭いが社会問題にまで悪化しているのは、臭いを感じる感覚『嗅覚』が、人間の生命を守るための重要な『本能』だからです。

  • 食べ物が腐っているかどうか、臭いで確認・回避する
  • 危険な天敵が近づいてきたことを、ニオイで察知する

野生の動物は、常に危険と隣り合わせです。

知恵を得た人間は、ニオイで確認する必要がなくなりました。しかし、嗅覚は五感のうちの1つ。本能の名残が残っていても当然です。

多くの男女が悩んでいる足裏の臭いは、実は『足裏の臭い』ではありません。

本来、足裏の汗は気にならない程度の臭いしかありません。

問題は、足がおかれている蒸れた環境。

足裏の汗腺から汗が出た状態でずっと靴を履いていると、通気性がなく湿気が上がった状態になります。高温多湿になれば、雑菌が繁殖しますね。

足裏の臭いの原因は、足裏や靴に発生した雑菌から発生している臭いなのです。

足裏が臭いと感じるのは、雑菌を察知するために人間に残された機能とも言えるでしょう。

詳しくはこちら

足が臭くなる原因は?足裏の発汗のしくみを徹底的に詳しく解説

どれだけおしゃれをしても、危険な臭いを発生させていれば、恋愛どころではありませんね。

ちなみに、生き物にはフェロモンを嗅ぎ分けると言われている鋤鼻器(じょびき)=(ヤコブソン器官)という器官がありますが、人間は若干退化していると言われています。

鋤鼻系という感覚経路は機能しているとも言われ、真実は定かではありません。

ただし鋤鼻系が働いていようがいまいが、足裏の臭いは同性はおろか異性を遠ざける原因になってしまうのは、間違いないでしょう。

女性がメイクやヘアスタイルで見た目に気遣い、服装はもちろん可愛い靴綺麗なブーツパンプスをチョイスし、こぞってするおしゃれする理由考えたことはありますか?

簡単に言えば『承認欲求』が根本になっていますが、異性を呼び寄せるためでもあります。

本能的にフェロモンを出したいと考えている中、足裏の臭いを発生させるなんて意に反していますね。

足裏の臭い回避はまず靴の臭いから!

足裏の臭いを回避するためには、履いている靴の臭い対策も必須です。

足裏の臭い対策だけを行なっても、靴の中は雑菌の巣窟。

靴を履けば、また雑菌が増加。いくらフットケアを行なっても臭いは回避できません。

手を洗っても、汚れたものに触れればまた汚れるのは当たり前。

しかし一度綺麗に洗うのは、無駄な労力ではありません。

汚れたままの手を放置したままでいると、汚れはどんどん蓄積していきますね。最終的には汚れが蓄積し、どれだけ洗っても取れない汚れになるでしょう。

足裏のケアを行いながら行う靴の臭い対策は、もっとも最適な足裏の臭い対策となるのです。

どんなものであっても、相乗効果(シナジー効果)は重要です。

また『ガッテン』や『よじごじDays』では、『蚊に刺されやすい人は、足裏の常在菌の種類が多い』と判明。

放送された番組では、蚊にさされやすい人は、蚊が靴下に反応し血を吸おうとしているとわかっています。

蚊は、足の常在菌の脂肪酸や化学物質に興奮しているのだとか。蚊は、ある意味足フェチなのですね。

アルコールを湿らせたティッシュで足の裏を消毒すると、蚊に刺される割合が三分の一に減少したという結果も出ています。

蚊よけに、足裏の消毒が効果を発揮するのです。

蚊に刺された場所が、痕になって悩んでいる女性も多いでしょう。

女性にとって、綺麗な脚も憧れ。当然、男性もシミ一つない肌の方がいいに決まっていますね。いくらふくらはぎの筋肉を鍛えて美脚になっても、蚊の痕だらけでは、もったいないというもの。

足裏の臭いに悩んでいる女性は、必ず日々のフットケアと靴のケア両方を行いましょう。

とはいえ、アルコールでの消毒は、あまり頻繁に行うべきではありません。

なぜなら、善玉菌【表皮ブドウ球菌】などまで、取り除いてしまうからです。

善玉菌が取り除かれれば、悪玉菌【黄色ブドウ球菌】の働きを活発にしてしまいます。

そのため消毒は控え、以下の方法を試してみましょう。

効果絶大【足の臭い別正しい対処方法】酸性?アルカリ性?どっちのニオイ?

足裏の臭い対策には靴の抗菌化!

足の臭いのお悩みは、靴を消臭することで半分が解決します。

雑菌を消滅させ、さらに抗菌加工すれば、靴の臭いの悩みからは開放されます。

足裏の臭いはもちろん、蚊にさされにくい脚になり、男性の好む美脚へ近づけます。

簡単なのは、抗菌加工ができる消臭スプレーを使うことです。肌に優しいものであれば、善玉菌の活動も妨げないのでいいですね。

足裏の臭いに悩んでいる女性は、お試しください。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店