お客様から「仕事で安全靴を履いていて、最初の2~3日はいいのですが、すぐに靴と足が臭くなってしまいます」というご相談がありました。

私も以前に、工場で安全靴を履いていたことがあり、その気持ちよくわかります。

私安全靴は、底や足先の部分に鋼板や硬質樹脂が入っており、重量物の落下から足を守る構造になっていますが、安価なものは、通気性が悪くすぐに蒸れる構造になっています。

安全靴の臭いの原因はなにか?

安全靴のニオイは、足から出る汗や皮脂に靴の中が蒸れて雑菌が繁殖することで発生します。

足が臭くなる原因についてはこちらで詳しく解説しています。

洗ってもまだ臭いがするのは、繊維の奥まで入り込んだ雑菌がとりきれていないからです。

市販の消臭スプレーは臭いの元を除去せずに、香料でつつみこんでごまかす消臭法(マスキング)を採用しているものが多く、使用してもあまり効果がなかったり、一度消えてもまた臭いが復活してしまいます。

効果的な安全靴の消臭方法

臭いを消すためには、臭いを元から分解してしまうことが最も効果的です。
NRCスプレーは、一般の消臭剤とは消臭方法が全く異なり、ナノダイヤの作用で臭いを元から分解し、消臭・抗菌・抗カビ加工します。

ですので、安全靴を効果的にしっかりと消臭したいときには、NRCスプレーを使いましょう。

使い方はカンタン。靴をきれいにしてスプレーするだけです。

まず、安全靴の中をぬるま湯に浸し固く絞ったマイクロファイバーのタオルで丁寧に拭きます。(2~3回ぐらい繰り返す)

次に、NRCスプレーを靴の中に満遍なくふきかけて乾かします。

乾けば消臭効果が出てきますので、通気性のよい所で乾燥させればお手入れも完了です。

一番効果的なのは、安全靴が新しい状態で、NRCをスプレーし(3回ぐらい)コーティングしてしまえば、消臭・抗菌加工ができますので、靴自体が臭くなりにくく手入れもとても楽です。

消臭効果を長持ちさせるには?

NRCスプレーは吹きかけると、消臭・抗菌・抗カビ加工ができるので、長期間靴を清潔に保つことが出来ます。

効果を長持ちさせるには、1日履いた靴は、靴の中の汗の汚れなどを拭きとり、風通しのよいところで陰干して休ませ、3足ぐらいをローテーションして履くことが一番です。そして臭いが気になってきたタイミングで、また洗ったりエタノールで拭いたりしてからNRCスプレーをかけてください。

一度スプレーし消臭・抗菌加工が完成すれば、洗っても完全に効果がなくなることはありませんので、使用状況にもよりますが3ヶ月〜半年ほどは効果が続きます。

靴の消臭にお使いいただいたお客様の声

子供の靴のニオイ

お客様1

息子の運動靴は、ものすごいニオイで洗っても臭いは消えず(アンモニア臭)、市販のスプレーを使ってもダメでした。

この商品に出会い、使用したところ、アンモニア臭は消え、大変嬉しく思っています。

(静岡県・井上 正一様)

NRCスプレー これで安心 靴を脱ぐのが怖くない!

k350

価格:2,980円(税込)
容量:100ml

布製、革製、ゴム製などあらゆる素材の靴に使用可能。これ1本で全ての靴の消臭に対応できます。

使い方はカンタン!靴にスプレーし、乾かすだけで消臭・抗菌・抗カビ加工ができ、清潔に保つことができます。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店