足は、さまざまな要因が集まってクサい臭いを作り出しています。

足裏の汗もその一つ。

身体から出るは、身体内部の影響を受けているもの。

汗には、サラサラの『いい汗』とドロドロした『悪い汗』があると、皆さんもご存知でしょう。

いい汗をかけば、雑菌の繁殖が抑えられ、足の臭いが軽減されます。

食べ物によって、汗の臭いが異なってくるのです。

そのために必要なものが、『食生活の改善』による『腸内の抗菌化』です。

今回は、『いい汗』と『悪い汗』の違い・臭いを抑える食べ物・抗菌化などについて解説していきます。

『いい汗』と『悪い汗』の違い

よく言われる『いい汗』と『悪い汗』には、どのような違いがあるのか…。

人が汗をかくのは3つの要因があり、汗の原料は血液です。

まず、肝臓と聞けば『アルコールの分解』というイメージがあるでしょう。しかし食べ物の過剰摂取はもちろん、薬やさまざまなものを分解、人にとって大変重要な器官です。

血液中の老廃物をろ過しているのも腎臓。簡単に言えば、肝臓が身体に入ってきた不要物質を取り除くフィルターの役割をしています。

汗の原料を綺麗にする役割も担っている腎臓が、健康でなければ不要な物質を分解しきれません。

さらに血液は汗腺の『分泌部』という箇所でもろ過され、赤血球を取り除かれた『血漿(けっしょう)』を作り出します。

そして、血しょうに含まれた身体に必要なミネラルなどは、汗になる前に身体に吸収され、残った余分な物質を汗として排出します。

汗を出す汗腺も、重要な役割を担っています。

余分な成分が含まれていなければ、エクリン腺からかく汗は99%水分。水分だけの汗は、ほとんどクサい臭いのしない汗になるのですね。

ただし、残り1%に老廃物などが含まれたままだと、『悪い汗』になります。

汗の原料である血液を健康にする食べ物が、汗の臭いを抑えてくれるのです。

足の臭い改善には、身体の健康促進のための食生活が重要というわけです。

サラサラした『いい汗』は、汗の臭いを回避する効果があるだけではありません。

体温調整がスムーズに行え新陳代謝が向上。肌のタンオーバーも正常に働きます。

ちなみに、2017年イタリアで血の汗を流す女性の症状が報告されています。

大変珍しい病気の『血汗症』だと診断され、強いストレスを感じた数分間、血の汗をかくのだとか。

何らかの病気が元になっているとはいえ、メンタルもどれほど人の健康に関わっているかよくわかりますね。汗の臭い対策には、メンタルケアも非常に重要です。

足裏の汗の臭いと食生活

汗の臭いを抑える食べ物って?

上述したように、病気や何らかの原因で健康が阻害されると、汗はクサくなります。

内臓の働きが健康であればあるほど、血液や汗がサラサラ・無臭になるのです。

内臓機能の低下は、身体を酸化させる原因の一つ。メディアでも多く露出されている『抗菌化作用』です。

身体を酸化させる活性酸素の働きを抑える食べ物が、『抗菌化』につながり『汗の臭い改善』になるのです。

抗菌化作用・酸化を防止する食べ物は、以下のようなものです。

  • ビタミンC:ほうれん草・ブロッコリー・ピーマン・キャベツ・いちご・オレンジ
  • ビタミンB2:牛乳・納豆・レバー・チーズ・
  • ビタミンA:乳製品・人参・ニラ・鶏・豚レバー・うなぎ・卵黄
  • ビタミンE:煎茶・アーモンド・とうがらし・大豆・ごま・
  • ポリフェノール:コーヒー・カカオ・緑茶・玉ねぎ・大豆・バナナ
  • 亜鉛:牡蠣・うなぎ・海藻類・豚レバー・牛レバー
  • 食物繊維:ごぼう・こんにゃく・いも類・海藻類

私たちが日頃摂取を目標とする、身体に良いとされる食べ物ばかりばかりですね。

汗の臭いの元となる食べ物

汗の臭いの元となる食べ物は、動物性たんぱく質や油分の多い食べ物です。

動物性たんぱく質や油分の多い食べ物は、皮脂の分泌を増やし、体内で活性酸素を発生させます。

  • 肝臓が不健康だと、たんぱく質からアンモニアが生成され、汗の臭いの元となる
  • 腸内の働きが弱くなっていると、悪玉菌によって腐敗物が作り出され、汗の臭いの元となる

このように、肉類中心の食生活は、汗の臭いをクサくする原因になるのです。

いくら身体に良い食べ物だとしても、栄養バランスが整っていなければ、効果を発揮しません。

ダイエットやトレーニングにたんぱく質が効果的だからといって、ささみばかりを食べている方もいるでしょう。

その他の栄養素が不足すると、逆に身体に悪影響を及ぼします。

肉類を完全に抜き野菜だけの食事にしても、人に必要な栄養成分が不足してしまうのは歴然ですね。

偏った食生活は、美しい身体から遠ざけてしまうだけではなく、汗の臭いを発生させます。

五大栄養素全てのバランスの整った食事が、健康を維持し汗の臭いを削減します。

抗菌化作用で足の臭い対策を

汗の臭いを抑える抗菌化作用には、腸内環境の改善も重要です。

腸内の善玉菌と言えば、代表的なビフィズス菌。悪玉菌の増殖や働きを抑えます。皮膚常在菌の善玉菌と悪玉菌の在り方と同様ですね。

皮膚常在菌について詳しくはこちら
足の臭いを劇的に治す!善玉菌【表皮ブドウ球菌】を増やす方法

一人暮らしだと、野菜が不足しがちになります。インスタント食品やファストフードなどのジャンクフード食ばかりでは、足の臭いを増加させても仕方ありません。

そもそも、私たちは食べ過ぎです。

日本古来の一汁一菜がよいとされているのは、肥満や生活習慣病などを抑制するからです。

腹八分目に医者要らず・小食は長生きのしるし・節制は最良の薬…さまざまなことわざがありますが、どれをとっても誰もが肝に命じなければならない教訓ですね。

豊かになった現代社会、足の臭いの悩ましい問題は、ある意味現代病と言えるかもしれません。

美容健康の維持はもちろん足の臭い対策には、バランスの整った食生活を心がけましょう。

それと同時に、足の臭いを発生させる悪玉菌の働きをストップさせる靴の抗菌化も必要です。

抗菌加工のできる消臭スプレーは、長期間に渡って足の臭いを消す最善の対策になります。

足の臭いを香りでごまかすようなものではなく、抗菌化させ根本的な臭いをシャットアウトするものを選びましょう。

足の臭いを消す食べ物の摂取を努力するだけでは、即効性がありません。内側と外側からの対策を行なって、足の臭いを軽減させましょう。

消臭・抗菌のNRCスプレー専門店
NRCスプレー専門店